​ICTへの取り組み

定点カメラによる現場撮影​

 

現場を見通せる位置に簡易型の広角定点カメラを設置し、現場施工状況の定期撮影を行っています。

撮影した画像は、タイムラプス映像として確認することができ、現場の進捗管理や安全管理の確認に役立てています。

​3Dレーザースキャナ計測

 

工事起工測量として最新の3Dレーザースキャナを用いた現場の地形計測を実施しています。

計測結果は、座標を持った高密度の点群として生成されるため、地形の状況を余すところなく高精度に計測することが可能です。

UAVによる定期撮影、写真測量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道路土工区間の施工状況を確認するため、UAV(ドローン)を用いた上空からの定期撮影を行っています。

撮影した画像を用いて、現場の進捗を確認するとともに、写真測量による3Dモデルを作成することで、施工管理も行っています。

ICT建機を用いた情報化施工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MC(マシンコントロール)を搭載したICT建機(バックホウ、ブルドーザー)を導入し、情報化施工に取り組んでいます。

レーザースキャナによる起工測量データ、およびこれを元に作成した施工計画データを建機に入力することにより、マシン自動制御による高精度な施工を実現することが可能です。

追尾式TSによるワンマン計測

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動追尾型のTS(トータルステーション)を利用したワンマン測量を試験的に行っています。

これにより現場測量作業の効率化が図れます。

Copyright © 2017  国道45号 萩牛地区道路工事 All Right Reserved.

  • s-facebook
  • Twitter Metallic
  • Google Metallic
  • s-linkedin
土工範囲全景